YIC京都ペット総合専門学校

京都府認可専修学校(京都府指令5文教第132号)
文部科学大臣認定 職業実践専門課程(ペット総合科・動物看護科)

ペットアドバイザーコース

ペット総合科 ペットアドバイザーコース

動物・ペット全般について広く学び、店舗運営のノウハウも身に付けることが可能!

YIC京都のペットアドバイザーコースで目指すのは動物やペットの飼育や販売業務に精通したペットショップなどで活躍できるプロフェッショナルなアドバイザー。
市場に流通している犬や猫、小動物、熱帯魚、は虫類などあらゆる種類の動物や生き物の生態や飼育、管理に精通するだけでなく、フードなどのペット関連商品の知識も身に付けます。

ペットアドバイザーに求められるものとは?

  • 1.動物やペットを飼育販売する上で必要となる基礎的な知識
  • 2.人とペットが良い関係を築くための知識はもちろん、動物に負担にならない飼育・管理方法などの実践力
  • 3.お客様とのレベルの高いコミュニケーションや業務改善など提案できる問題解決能力の高い社会人力

ペットアドバイザーコースの学び 専門知識専門技術+コミュニケーション能力=ペットショップなどのフロアスタッフとして活躍。将来はフロアマネージメントも!

信頼されるペットアドバイザーには動物に関するあらゆる知識が必須!

市場に流通する一般的な小動物の生態や飼育・管理方法の知識があることは、ペットアドバイザーにとっては当たり前。
動物の生態や行動、給餌(フード)の知識、狂犬病やインフルエンザなどウィルスによる感染症や寄生虫による病気やケアの知識など飼育はもちろん、飼育時の接し方、さまざまな商品知識などあらゆる情報が提供できてこそプロフェッショナルなペットアドバイザーといえるのです。
たとえば、小動物は犬・猫に比べて病気の発見が遅れる傾向にあり、普段から餌の減り方や糞尿の様子、皮膚の状態など観察力も重要です。小動物で人気のフェレットは人からインフルエンザに感染することがあります。小動物の中には寿命が短い生き物もいます。家庭で適切な飼育管理をすることで出来るだけ健康に過ごさせてあげられるように販売時にアドバイスすることも仕事をするうえで重要になってきます。

資格取得可能 愛玩動物飼養管理士1級

ペット総合科では動物・ペット関連資格の取得を目指します。ペットショップへの就職の際、ペットを取り扱う人材として求められる知識・学びの指標となる愛玩動物飼養管理士1級取得を目標にしています。在学中はペット(愛玩動物)の行動・習性や正しい飼い方、動物関係法令、動物愛護の精神などの学びから受験対策など合格までをサポートします。ペットのスペシャリストであることを示す資格であり、ペット業界で働く際に有利になります。

動物・ペット業界で就職を実現するための3つのポイント

POINT 01

お客様とペットのために流通するすべての生き物の知識を身に付ける


ペットアドバイザーとして市場に流通する主なの動物の行動や飼育に関する知識を学び、販売時にお客様にアドバイスできる能力が要求されます。最近では犬猫に加え、小動物や鳥類、爬虫類、魚類などの様々な生き物がペットとして飼育されています。YIC京都では多種多様な生体の知識を学びます。

POINT 02

ペット飼う初心者の方にわかりやすく飼育方法を伝えるテクニックを学ぶ


これから動物の家族に迎えようとする家族に飼育を始めようとする動物について紹介することはもちろん、飼い主さんに飼育方法を分かりやすくアドバイスする必要があります。YIC京都ではインターンシップなどの職場体験を通じてで現場対応を学んだり、接客などサービス接遇マナーも身に付けます。

POINT 03

動物関連商品の管理やペットショップ運営能力を習得!


ペットショップを運営するうえで、サービス接遇能力は重要!笑顔と豊富な知識に裏付けされたわかりやすいアドバイスができるように、商品管理、ディスプレイ、飼い主様へのアフターケアまでをトータルに学びます。ペット全般について学び、店舗経営のノウハウを身に付け、販売士検定の資格取得を目指します。

授業内容|ペット総合科ペットアドバイザーコース

小動物概論Ⅰ・Ⅱ

水生生物実習

総合学習

講義

小動物販売士

小動物販売士検定に向けての対策授業です

ペット経営学

ペットショップでのサロン運営管理ができる様、必要なビジネス感覚を身につけます。

フードアドバイザー

ペット栄養学の基礎から販売までを学びます。犬猫に必要なエネルギー量やサプリメントについてまで、フードに関する様々な知識を習得します。

愛玩動物飼養管理学特論

愛玩動物の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動などを行うため必要な知識・ 技能を学びます。

アニマルヘルパー

ペットシッターが行う日常のお世話だけでなく、援助・介助が必要な動物へのサポート方法を学びます。救急救命の実習もあり、講習最終日には試験が実施されます。合格者にはアニマルヘルパーの修了書が授与されます。

ビジネスマナー・ビジネス電話

現場で即戦力として活躍できる様、社会人として必要な接客マナーを始め電話のかけ方や受け方に関するマナーを学びます。

犬学・猫学

市場で扱われている犬種・猫種について、飼育上での注意事項や疾患等について、お客様に詳しく説明できるように学びます。

犬種・猫種学Ⅰ・Ⅱ

各犬・猫種の特徴や原産地、沿革等について学びます

愛玩動物飼養管理学

愛玩動物飼養管理士2級取得に向けての対策授業です

基礎看護学

基礎的な看護知識を学びます。

動物行動学Ⅰ・Ⅱ

犬をはじめとするさまざまな動物の行動・生態・行動学的問題について学びます

愛犬飼育管理学

愛犬飼育管理士資格取得に向けての対策授業です

小動物飼育学

小動物の飼育管理方法について学びます。

小動物看護学

小動物に関する基本的な看護知識を学びます

小動物概論Ⅰ・Ⅱ

各小動物の生体・習性などについて学びます

小動物販売士

小動物販売士検定に向けての対策授業です

実技・実務

グルーミングⅠ・Ⅱ

ポピュラーな犬種のグルーミング方法を学びます

水生生物Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

アクアリウム(ペットショップで扱われている魚類)に関する専門的な水質管理方法や飼育方法・設営方法を身に付け、お客様に説明できる様に学びます。

基礎IT技術Ⅰ・Ⅱ

お店で必要なWord・Excelを学びます

将来の仕事

  • ペットアドバイザー
  • ペットショップフロアスタッフ
  • ブリーダー など

めざす検定・資格

  • 愛玩動物飼養管理士1・2級
  • JKC愛犬飼育管理士
  • サービス接遇検定
  • AAV認定サロントリマー検定3級
  • 小動物販売士検定
  • 損害保険募集人資格
  • アニマルヘルパー(一般社団法人日本ペットサービス研究会認定) など

飼育動物紹介

YIC京都では学校で犬以外の動物を飼育しています。
お世話や動物たちの体調管理など学生たちが毎日丁寧にチェック。
夏休みなどの長期休暇も交代できちんとお世話をしています。

こつぶちゃん

こつぶちゃん写真

ジャンガリアンハムスター

グリくん・ハクくん

グリくん・ハクくん写真

モルモット

てんちゃん

てんちゃん写真

モルモット

ごまくん

ごまくん写真

うさぎ

きーちゃん

きーちゃん写真

セキセイインコ

アイシスちゃん

アイシスちゃん写真

チンチラ

ヴィッツくん

ヴィッツくん写真

フェレット

ロップちゃん

ロップちゃん写真

うさぎ

針斗くん

針斗くん写真

ハリネズミ

学生の声

小杉さん

多くの動物とのふれあいで夢がふくらみます!

小杉さん
日々、動物の知識が深くなっていることを実感しています。水生生物の実習ではザリガニやカメ、魚の水槽の掃除をし、とてもきれいになっていくことで達成感を得ることができ、水族館の仕事にも興味がでてきています。先生方は親身になって指導してくださるので、安心して学ぶことができます。検定試験の勉強は大変ですが、資格を取って、多くの動物たちが幸せになれるよう頑張りたいです。


卒業生の声

ペット総合科 ペットアドバイザーコース 西村さん

お客様やスタッフから信頼される“幸せ配達人が”目標です。

西村さん
株式会社AHB ペットプラス イオン桂川店
子犬・子猫の幸せ配達のため、お客様の話を聞きその方に合う子を一緒に探したりお世話の仕方を伝えたりしています。自分が担当した飼い主さんが子犬・子猫の成長した姿を見せに来てくださり、楽しそうにその子のお話をされる時が一番やりがいを感じる幸せな時間です。在学中に学んだ犬種・猫種学は覚えることも多く大変でしたが今は一番大切な知識だと感じます。今後はお客様やスタッフから信頼される“幸せ配達人”となることが目標です。


先生の声

ペット総合科 ペットアドバイザーコース 細川 敏史先生

魚は面白い!一緒に学んでいきましょう

細川 敏史先生
水生生物Ⅰ・Ⅱを担当
私は水生生物Ⅰ・Ⅱを担当しています。観賞魚飼育に関して必要なことを第三者に教えられるように、充実した授業を行って魚の面白さや奥深さを伝えていきたいですね。教科書の学習だけでなく、実際の器具を使って実践的なことを学んでいきましょう!


在学生・卒業生・先生の声



関連リンク