YIC京都ペット総合専門学校

京都府認可専修学校(京都府指令5文教第132号)
文部科学大臣認定 職業実践専門課程(ペット総合科・動物看護科)
ISO29990認証取得(JMT-LS170003A)

ドッグトレーナーのお仕事

仕事内容

仕事内容

ドッグトレーナーとは飼い犬のしつけを行うお仕事であり、トイレや散歩といった日常的に行う行動のマナーを教えることで人と犬がともに幸せに暮らせることを目指しサポートしていきます。

警察犬や盲導犬といった特殊な訓練をするお仕事は、一般的に「犬の訓練士」と呼ばれています。犬の性格や個性に合わせて有効なしつけの仕方を見つけ出し、飼い主に対して丁寧にアドバイスを行います。


求められるスキル

求められるスキル

ドッグトレーナーとして現場での活躍をめざすならJKC公認ハンドラー資格取得試験にご注目ください。

この資格は経験やレベルに合わせてランク分けされており、JKC公認ハンドラーC級ライセンスを取得することでそれぞれの犬が持つ特徴を引き出す技術を身に付けることが目指せます。犬種や育つ環境によって様々な性格の犬と接するため、その犬の個性を尊重するには基本となる知識を身に付けることが大切です。

また、犬や飼い主との十分なコミュニケーション能力もドッグトレーナーとして指導やアドバイスを行う上で重要なスキルとなります。


仕事のやりがい

日常で触れ合うペットの気持ちがより理解できるようになることや、動物が好きという気持ちから自然と熱中して仕事に取り組めることが大きなやりがいへとつながります。

また、命あるものとして心を通じさせる難しさを感じることもありますが、真剣に向き合い続ける努力が結果となって成功したときに得られる達成感は大きなものとなります。

将来性

近年ではペットとして犬と一緒に暮らす家庭も多くなり、ペットとともに快適な暮らしを実現できるマンションも増えていることから、犬と暮らしやすい環境が整ってきている傾向にあります。

しかし、犬を飼う際には近隣の迷惑にならないよう無駄吠えを防ぐことや、一緒に暮らす上で生活に支障をきたさないことを目指すために、ドッグトレーニングの利用が注目されています。
よって、ドッグトレーナーの仕事は十分に将来性があるといえます。


京都にあるYICでは専門学校として様々な動物の知識や技術を学べます。ペット総合科ではドッグトレーナーやトリマーを目指す学生をサポートし、動物看護科では獣医師と連携した高度なカリキュラムが魅力の専門学校です。
関西で動物と接する職業での活躍を目指せる専門学校やペット専門学校をお探しの方は、ぜひYICをご利用ください。

関連リンク