YIC京都ペット総合専門学校

京都府認可専修学校(京都府指令5文教第132号)
文部科学大臣認定 職業実践専門課程(ペット総合科・動物看護科)
ISO29990認証取得(JMT-LS170003A)

動物看護科 【企業連携授業】院内実習のご紹介

皆さん、こんにちは
今回は現在、行われている動物看護科の企業連携授業をご紹介します。
YIC京都の動物看護科では公益社団法人 京都市獣医師会に加盟する動物病院と連携し、院内実習を行っています。

山科のオリーブ動物病院の院内実習の様子をご紹介。

こちらの病院もCat Friendly Clinic(CFC)という猫にやさしい動物病院の案内が入り口に掲げてありました。

院内は犬のエリアとネコ&エキゾチックアニマルの診療エリアが分けられていました。

各動物病院では事前に取り決めたカリキュラムに沿った内容として、動物病院で行う受付や調剤、清掃・消毒などの一般業務以外に様々な検査、診察室補助、手術の準備から術後の経過観察などの看護師が病院内で行っている業務について、現場で様々な事例を踏まえた指導を行っていただいています。

獣医の先生や専属の看護師の方々から丁寧にご指導いただきました。

消毒用のアルコール綿も病院ごとのルールを伺い準備していました。

仕事に対する丁寧な姿勢はどこで仕事をするうえでもとても大切。

こちらは京都市内北区西賀茂にある芝動物病院。

CTやMRIなどの画像診断も行われています

診察の前、診察後にはしっかりと清掃、消毒を行います。

今日はMRIの検査をうける準備をサポート。

ICUの他、術後の経過観察を要する犬猫のケージの清掃も大切な仕事。こちらの病院にはペットホテルやトリマーブースもありました。

早く良くなるといいね、お大事に。

 

なかなか一度では学びきれないことも多くありますが、YIC京都では数回にわたり院内実習を実施しています。
大切な家族の思いや診察後のご家族、飼い主様の様子を知ることも大切な学びの一つ。
学生の皆さん、頑張ってくださいね。
YIC京都の実践教育にご理解、ご指導いただいた院長先生はじめ、看護師の皆様に厚くお礼申し上げます。