YIC京都ペット総合専門学校

京都府認可専修学校(京都府指令5文教第132号)
文部科学大臣認定 職業実践専門課程(ペット総合科・動物看護科)
ISO29990認証取得(JMT-LS170003A)

【授業紹介】動物看護科 家庭犬訓練

皆さん、こんにちは
さて、本日は認定看護師を目指す動物看護科の授業紹介です。
現在、動物病院の中で数多く実践されているのが犬の「しつけ教室」。
動物病院で勤務する動物看護師は診察室内での補助や病理検査の業務以外にも受付業務や問診など様々な業務を担当しますが、診察が終わって会計の際に飼い主さんとの会話の中で、無駄吠え、噛み癖、トイレなどワンちゃんの飼育に関するお悩みなどの相談を受けることも少なくありません。

病院ではワンちゃんと飼い主さんとのより良い関係を構築するお手伝いとして、病院主催で子犬のしつけ教室や訓練の勉強会を開催されておられるところもあり、就職してからしつけ訓練の研修を勧める病院もあります。

授業の中では、動物福祉についても学んでおり、環境エンリッチメントという考え方を家庭犬の飼養にの場合でもよりストレスをかけることなく飼養することを心がけることも学んでいます。人の目線でしつけとしながら虐待のような扱いや不衛生な環境で飼養されるなど、かわいそうと言う動物愛護の考え方とは違い、犬本来の良さや遊びのような訓練を通して運動不足などのストレスを解消するなど、家族とより良い関係づくりができれば、咬み犬や負け犬など問題行動に繋がることを軽減した結果、捨て犬になることを防ぐことにも繋がります。

今日は小型犬の抱っこが課題。
まずは小さな身体に負担を掛けないように気をくばり、ワンちゃんがリラックスした姿勢でいながらしっかりと支えるようにご指導いただいています。

次回の実習もよろしくねw。
YIC京都の動物看護科ではトレーナーライセンスを持つ講師から犬のしつけ・訓練を授業で学ぶ機会があります。