YIC京都ペット総合専門学校

京都府認可専修学校(京都府指令5文教第132号)
文部科学大臣認定 職業実践専門課程(ペット総合科・動物看護科)
ISO29990認証取得(JMT-LS170003A)

動物看護師のお仕事

仕事内容

仕事内容

動物看護師は獣医師の指示の下、動物の診察や治療を補助する仕事です。

主な仕事内容は診察のサポート、手術時の助手、入院している動物の健康管理、検査など多岐に渡ります。

また、薬剤管理や飼い主への薬の説明などにも携わるため、動物に関する体の構造、病気の種類や特徴、治療方法、ほかにグルーミングや薬学など幅広い知識が必要です。

主に動物病院やペットショップ、動物園などで活躍しています。


求められるスキル

求められるスキル

動物看護師には、動物に対する深い愛情、そして病気で弱ったペットを心配している飼い主を思いやる優しい心が求められます。

ただし、動物看護師は命に関わる仕事ですから、仕事に対する責任感とトラブルが生じたときに冷静に対処できる判断力、豊富な知識も必要です。

命が身近にある職場で働くのですから、ときに尊い命が消える瞬間に立ち会ったり、苦しむ動物に心を痛めたりすることもあるでしょう。しかし、そのようなときでも気持ちを強く持ち、仕事をこなさなければなりません。

ほかにも飼い主とのやり取りや一緒に働く仲間同士と力を合わせなければならないため、コミュニケーション能力は必須です。

動物看護師になるには特別な資格は必要ありませんが、動物看護系の学校で認定動物看護師の資格を取得して目指すのが一般的です。


仕事のやりがい

日々の業務のなかで動物に触れ合い、元気になるお手伝いができるのは動物看護師だから得られるやりがいと言えます。

また、一緒に働く仲間も動物が好きですから気も合い、気の合う仲間と力を合わせて仕事をこなす達成感が得られることでしょう。

受付や獣医師の補助、動物の世話や調剤など様々な業務に携われるので、多くのことを学べるのも、やりがいのひとつです。

将来性

日本では長らくペットブームが続いており、ペットを家族の一員として大切にする方も増えてきました。

また、昨今では治療や教育の一環として、動物とふれあうアニマルセラピーなども認知され、広まりつつあります。

また、以前は動物看護師には公的な資格はありませんでしたが、2012年に認定動物看護師がスタートしたことで、動物看護師の価値は高くなっています。今後もペットは人間にとってかけがえのないパートナーであることは容易に想像できることから、動物看護師の将来性は期待できると言えるでしょう。

ドッグトレーナートリマー、動物看護師などペットのプロになりたいという方は、ぜひ関西京都にあるペット専門学校YICをご検討ください。ペット専門学校YICでは、ペットに関する総合的な知識を学び、目指している職業に必要な技能を磨く授業を提供しています。ペットと関わる仕事は、どの分野でも様々な楽しさややりがいがあります。ペット専門学校YICでは、豊富なカリキュラムと実践的な授業であなたの夢を叶えるお手伝いを致します。

関連リンク