YIC京都ペット総合専門学校

京都府認可専修学校(京都府指令5文教第132号)
文部科学大臣認定 職業実践専門課程(ペット総合科・動物看護科)
ISO29990認証取得(JMT-LS170003A)

動物看護師の重要な役割「保定」のポイント

安全に診察や処置を行うために必要な保定は、動物看護師の重要な仕事です。専門学校【YIC京都】で、看護力とコミュニケーション能力を高めて、多様化する看護のニーズに対応できる動物看護師を目指しましょう。

保定の重要性

保定の重要性

動物看護の中でも、保定が苦手だと感じている方は多いです。そもそも保定とは、動物病院で診察や処置を行う際に、ペットが動かないように抱いておくことです。

処置を怖がる犬や慣れない場所で暴れる猫などを抑えるため、簡単な仕事ではありません。しかし、しっかりと保定をしなければ治療がスムーズに進みません。

ペットが暴れることで注射針が折れて、怪我をする可能性もあるため、保定はとても大切なのです。

保定をうまく行うポイント

保定をうまく行うポイント

嫌がって暴れるペットを力任せに抑えてはいけません。噛みつく恐れのある場合は、グローブを活用して「噛んでも良いよ」という姿勢を見せましょう。

無理に抑えつけるよりも、大きな気持ちで接した方がペットも安心します。また、抑える人が保定に対して苦手意識や恐怖心があると、どうしても無意識のうちに力が入り苦手意識がペットにも伝わってしまいます。

肘・腕・脇を締めてぴったりとくっついたら、リラックスした状態で抱きしめるようにしましょう。処置が終わったらしっかりと褒めてあげることも大切です。

保定の種類

立位

片方の腕を下から犬の顎に回して、自分の胸に引き寄せます。この時、顎に回した腕で首を固定しましょう。首輪がある場合は、首輪に指を引っ掛けておくと便利です。そして、もう片方の腕を犬のお腹に回して持ち上げて立たせます。顎に回した肘が床と水平になるようにすると、頭部を固定しやすくなります。

犬座位

犬の顎に下から腕を回して、もう片方の手で腰部を軽く押すとお座りの状態になります。そして、犬の頭を抱きかかえるように顎に腕を回したまま、首輪を掴んで頭を固定します。もう片方の腕は腰部に回して固定しましょう。

専門学校【YIC京都】では、多くの犬種を使って、実習を通して学習を行っています。高度で多様な看護力を身につけることができる動物看護師について学べる専門学校をお探しでしたら、ぜひ【YIC京都】をお選びください。

お役立ちコラム

専門学校で動物看護師の資格も取得できる【YIC京都】